春の鯛釣り

鯛は一年中ターゲットとして釣ることの出来る魚ですが、その釣り方は鯛の習性にあわせ、仕掛け、エサなどを工夫することとなります。
水温が最も低いのが3月といわれますが、春の鯛は桜鯛と呼ばれるように、鯛は抱卵し始め産卵に備えて深場から浅場の沈み瀬近くに移動をはじめ、産卵のため浅い藻場近くによるようになります。この時期からノッコミと呼ばれる婚姻色に染まった鯛が見られるようになります。

ただ、エサとなる小魚(イカナゴ、イワシなどの幼魚)の量と流れ来る時期によっては、遅れたり、例年見られるノッコミ鯛が見られないということもありえます。
実際、大阪湾から姫路にかけての瀬戸内海では、イカナゴ、ジャコなどの乱獲がすすみ、年々これらの漁獲量が減っているため、鯛のエサも地域が偏るようになっているらしく、ノッコミがいつあったかわからないまま時期を越えてしまう魚場もあるようです。
また、瀬戸内海では3月から4月にかけて氷解け水の影響か13度~14度の冷水塊が流下する時季があり、急激な水温の変化のため真鯛活性が低くなり、魚影は見えるのに食いが悪いということも起こります。この時期は、エサに似たサビキ釣りが主流ですが、海水の温度が上がるまで釣果が伸びないということもありますね。
晩春にかけて、真鯛は産卵を始め初夏までこの産卵は続くといわれています。この産卵をするために移動している群れは、低層から中層にかけて上下に広がって移動していることが知られています。群れは一箇所にとどまることをせず、エサとなる小魚の種類、その群れの動きに合わせて移動しているため、釣りにおいても、ポイントとなる場所が日によって異なるため、釣果は船長の技量に頼る部分が多い考えられます。

コメントは受け付けていません。

シマノ 炎月