タイラバ 仕掛け

タイラバ

タイラバの仕掛けというか、カブラですね。

針、ヘッド、スカート、ネクタイの構成となります。
様々なバリエーションが考えれますし、プロのような方がいろいろ言われていますので、私のような素人がおこがましいのですが、少ない体験の中からまとめておきます。

1 針

針は標準は伊勢尼か鯛。乗せ釣りの場合はあまり大きくないほうが食い込みが良いように思います。10号から13号くらいでしょうか。自作の場合は、釣堀でも使う真鯛10号を使って作ります。

針は2本結びますが、ハリスの長さは乗せ釣りの場合は同じ長さ、掛け釣りの場合は2cmくらい段を付けます。ハリスの長さは3cmから5cmまでというところです。

2 ヘッド

鉛を使うか、タングステンを使うかというのは、大きさの差になります。沈下速度や、抵抗の少なさからいえばタングステンなのですが、鯛が捕食しているベイトがイワシやフルセのイカナゴ、タチウオの子などの場合は、目立たせるためにも大きい方が良いように思います。水深とPEとのバランスにも拠りますが、鉛が良いこともあります。

周りの船で、ジギングで鯛を釣っているようなときは、ベイトが大きいと判断できますね。

逆に、周りの船や漁師さんがサビキで釣っているようなとき、ベイトがイカナゴ、シラス、イカの幼魚(プランクトン)などと考えられるときは小さいものの方が良いとおもいます。

ただ、正直、そんな時期は鯛カブラより、サビキ釣りを船長が勧めます。

ヘッドの色は、これは意見が分かれるところです。まったく関係ないという人もあれば、あるという人も。

私はあまり関係がないと思っていますが、釣友は関係あると譲りませんし、私は無垢の鉛、タングステンの錘を使いますので、あまり気にしないようにしています。

それよりも形状の方が影響があるかもしれないと思ったりしています。単なる円形より、少し流線型の物のほうが潮切りが良く、ネクタイやスカートのなびき方がより魚の泳ぐ姿に近いのではなかろうかと思っています。

もし、色を使うなら、ネクタイ、スカートと同系色となるでしょうか。。。

3.スカート

スカート

スカート

スカートは最初はぜんぜん気にしていませんでしたが、雑誌を見たり、動画を見たりしていくと、カブラが水中を移動するときのボリューム感がネクタイだけでは足らないときにスカートがそれを補っているように思いました。

市販のセットのものを見ていると、同系色のスカートとネクタイで出来ているものと、スカートは赤と黒、黄色と黒、緑と黒のようなゼブラカラーのものがあります。

同系色のものは、私の思うボリューム感を上げるために採用されているようです。

後者のゼブラカラーは、魚を反射的に反応させるためといわれているようです。つまり、活性が低いときのカラーとして、エギやジグなどに採用されているゼブラカラーをイメージするようです。

このあたりになると、私自身も確固たる裏付けがあるわけでなく、エギングなどの経験と本やネットからの知識を織り交ぜていますのであまり信用しないでください(^^;

4.ネクタイ

 

ネクタイ

ネクタイ

ネクタイの要素は形状と色ですね。

ネクタイは基本1本使用ですが、ボリューム感を出したいときは2本セットもありかと思います。

形状は、ストレートとカーリー、それに長さでしょう。

一定スピードでまくカブラのネクタイはストレートであれ、カーリーであれ潮に揺らめきながら動くことになり、カーリーの方が余分にひらひらしますのでアピール度は高いです。この形状、長さも基本はベイトにあわせるべきと私は思っています。大型のベイトがいる時期なら標準から長めのネクタイ、ボリューム感、アピール感を出すのにカーリーから使います。

ベイトが小さい時期は、ネクタイは細く、短く、スカートもなしという具合にボリュームを落とし、小魚ならカーリー、その他ならストレートと試して行きます。

ネクタイの色は、基本的に光の量によって何色がコントラストをはっきりと見せるかという点で、アオリイカ釣りに用いるエギの色選択とよく似ています。

天候、潮というより、やはりベイトに合わせたほうが効果があるように思いますので、後半はベイトでのカラーを上げてみました。

黄色 オレンジ ピンク ゴールド パール
潮 クリア
潮 普通
潮 ダーク
朝、夕、曇り
晴天
イワシ
イカナゴ
カニ・エビ
イカ
海草

 

カラーにしても、鯛が説明してくれたわけでなく、プロの漁師さんであっても確かな結論が出せているわけではないですから、あくまで一つの基本てきな意見と考え、実際の釣り場ではいろいろと試し、その日の状況に合ったものを見つけることとなります。

 

鯛カブラ釣りに限って、追求していくなら、同じ色で、ボリュームの大小、長さの長短、スカートとのコントラストといった具合に準備をして試してみるのが良いかもしれませんがそれはどなたかにやっていただくこととして、2種類ずつ位を試してみましょう。

コメントは受け付けていません。